安い値段で引越しをするならプランを見るといい!

新天地ですぐやるべきこと

家族の後ろ姿

安心して暮らすために

新天地への引越しを行った際に近隣住民の方への挨拶をすることがありますが、最近では挨拶をしない人が増えているようです。都会ではそういった傾向があるようですが、理由としては面倒だし、する必要性を感じられないというものが挙げられます。挨拶は礼儀という意味合いもありますが、今後自分が新天地において安心して暮らすためにもやっておいた方が良いです。引越しでの挨拶は二、三日前、もしくは当日行うというのが一般的ですが、当日行われる方が多いです。引越し業者に荷物を運び入れて貰い、引き払った後で整理に追われて忙しいタイミングですが、ここで少し手を休めて近隣住民の方への挨拶をしておきましょう。タイミング的には片付け後よりも作業の途中がベストです。整理が遅い時間までかかることもありますし、日の明るいうちに挨拶しておいた方が近隣の住民の方に迷惑にならずに済みます。一戸建ての場合は向かい正面と裏側の三軒づつと左右二軒に、マンションは左右両二部屋と階の真上真下の二軒に挨拶をしておくと良いでしょう。また賃貸の場合には大家さんと不動産会社にも挨拶しておくようにしましょう。引越し挨拶の時にお渡しする挨拶品ですが、あまり高価なものですと貰った人がお返しをしなければならないと考えるので高価なものではなく、かつ安物でもない日持ちのする商品を選ぶことです。価格帯は500円から1000円の範囲で、クッキーなどのお菓子、タオル、洗剤などであればかさばらないので喜ばれると思います。ほんのささいな礼儀ですが、相手に誠意を見せることで今後お付き合いをしていくためにも大事なことなのです。